活動性を高める方法と効果

1 活動性を高め、成果を可視化する

1.1 アクティビティと学習効果
1.2 活動の成果を可視化する
1.3 練習場面での成果確認
1.4 チェックリストを用いた目標提示と達成検証
1.5 “アクティブ・ラーニング”で学習時間が減る? 
1.6 対話によって学びはどこまで深まったか
1.7 活動させるだけでは学ばせたことにならない New!

積極的に学ぶ姿勢(記事まとめ) Updated!

2 不用意な“待て”をかけない 

2.0 不用意な“待て”をかけない(序)
2.1 手順の説明やルールは読んで理解させる
2.2 個々の生徒の学力に合わせて与えるタスク
2.3 指示の無駄を省き、待つことを学習させない
2.4 生徒を待たせてしまう場面のあれこれ
■関連記事: 限られた授業時間を有効に使う 

3 どんどんやらせ、失敗からも学ばせる

3.1 できることはどんどんやらせる~生徒の邪魔をしない
3.2 できない? やらない? やらせてない? Updated!
3.3 失敗を積極的に経験させる(全3編)
cf. やりきらせる責任~仕上げ切らないことを習慣化させない
3.4 新しいことに生徒が戸惑いを見せても 
3.5 取り組み方そのものを身につけさせる
3.6 発言がなかなか出ない/思考が膨らまないとき

4 “主体的・対話的で深い学び”の実現に向けて

4.1 “主体的・対話的で深い学び”の実現に向けて(序)

4.2 主体的・対話的で深い学びをデータから考える
4.3 どんな問いを立てるかで授業デザインは決まる 
4.4 知識の獲得は個人の活動を通じて 
4.5 活動性と学びの成果を繋ぐ鍵~課題を通じた目標理解

5 積極的に活動させるツボ、授業内活動のあれこれ

5.1 積極的に活動させるツボ(序)

5.2 授業内活動のあれこれ(序)

6 活動性を高める方法と効果に関するその他の記事

6.1 生徒に問いを立てさせる 
6.2 教科書をきちんと読ませる 
6.3 途中でも、その時点で成果を共有
6.4 演習中にワンステップずつ進める板書 Updated!
6.5 手を使って書き写すことの大切さ
6.6 学習効果に直結する活動性、それを支える視覚情報
6.7 ワークショップ「面白い授業とは」
6.8 チャイムから生徒が活動を始めるまで何分かかる? Updated!
6.9 ひとつの教材を扱う中で4技能を養う

教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一