新しい学力観に基づく評価方法(記事まとめ)

高大接続改革や次期学習指導要領に向けて、教科学習や探究活動における指導法の改善は各地での試行と工夫で進んできたようです。各地の現場で授業公開や成果発表を見て回ると、様々な新しい取り組みに心躍ります。しかしながら、新しい学びに応じた評価方法はというと指導法の改善ほどは議論も行動も進んでいないのかもしれません。
きちんとした評価ができなければ、目標達成に向けた軌道の修正もできませんし、指導計画の継続的改善も図れないはずです。
どのような道程を通って目標に導くかは、地図に相当するカリキュラムや指導計画が描き出していたとしても、今どこにいるかを知るすべがなければ、これからどう進めば良いか判断がつかないはずです。
もちろん、「考査問題で何をどう測るか」を問い直すことも急がなければなりませんが、新しい学力観に沿った評価手法の確立はこれまで以上にきちんと向き合い、力を注ぐべき課題です。
ポートフォリオやルーブリックの整備やそれらを使った振り返りとメタ認知の向上について、これまでに起こした拙稿をまとめてみました。

2018/11/18 公開のまとめページにアイテムを追加しました。

(前回更新:2020/07/21)

ポートフォリオ

  1. ポートフォリオの円滑な導入と効果的な活用に向けて
  2. ポートフォリオに何を記録し、どう活用するか
  3. 校内に蓄積されてきたデータを生徒IDで関連付ける
  4. 探究活動と進路指導でポートフォリオに残すログ
  5. 体験のたびに感じたことをしっかり考え、言語化&記録

ルーブリック

  1. ルーブリック評価の作成と運用
  2. ルーブリック評価の導入はなぜ必要なのか
  3. 副作用を抑え、効能を最大化するルーブリック評価の運用
  4. 学びの方策、進路意識の形成過程における効果測定

自己評価・相互評価を通じて形成するメタ認知

  1. 評価スキルの獲得とメタ認知の向上
  2. 進歩を止めさせない自己評価の在り方
  3. 自己評価、相互評価を行わせるときの工夫
  4. 言語化を通じて育む「振り返りのための相対化スキル」

変化量に着目して行う評価

  1. 最初の答えと作り直した答えの差分=学びの成果
  2. どこにスケールを当てて学びの成果を測るか
  3. 頑張りをきちんと評価する~学びの意欲向上のために

振り返りがもたらすもの

  1. 学習者としての成長を促す”活動評価”と”振り返り”
  2. 振り返りを経てこそ次への課題形成
  3. 書くことと振り返りが学力を伸ばす
  4. 勉強を好きにさせる学ばせ方

探究活動における評価

  1. 探究活動における評価とフィードバック
  2. 探究活動の効果測定アンケート
  3. 探究型学習(課題研究等)の成果をどう測るか
  4. 良いものを選んで重点的に~探究活動の成果発表
  5. 成果発表会は、指導を振り返る機会
  6. 高大接続改革では”探究活動”と”行動評価”にも注目

多面的に行う学習の評価/指導の効果測定

  1. 授業評価は多面的に
  2. 学習評価は多様なツールを組み合わせて多面的・総合的に

評価方法に関して(その他)

  1. 評価方法の再整備~高大接続答申から
  2. 評価規準は使いながらブラッシュアップ
  3. 高大接続改革に向けて今できる準備
  4. 思考力をはぐくみ評価する#INDEX
  5. 大学入学共通テストで求められる読解力
  6. 新しい評価の実行可能性を高めるための工夫
  7. 先生も生徒も、評価者としてのトレーングを
  8. 生徒は評価者としてどこまで成長しているか

 

新しい学力観の下での授業デザイン(まとめ)


教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

効果測定、成果検証Excerpt: 1 効果測定を通じた教育資源の最適配分1.1 効果測定とスクラップ&ビルド(教育資源の最適配分) 1.2 学校経営計画の進捗を確かめ、達成可能性を高める 1.3 選考基準は妥当だったのか~追跡調査に基づく検証 2 データを用いて理解者と賛同者を増やす2.1 効果測定は、理解者と賛同者を増やすため 2.2 新たな取り組みを始めるときの鉄則 2.3 指導案の優劣を論じるときも
Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します!
racked: 2018-11-22 04:37:31
考査の結果から自分の授業を振り返るExcerpt: いよいよ年の瀬も迫り、期末試験の答案返却から終業式へと続く慌ただしい日々も終わりほっと一息つかれている頃かと思いますが、一年間を総括するためにも、生徒の答案を思い浮かべつつ、考査の結果からご自身の授業を振り返ってみるのは如何でしょうか。
Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します!
racked: 2018-12-25 06:55:19
高大接続改革入試初年度生を迎えて9か月Excerpt: 新しい年を迎えて一週間が経ち、今日が始業式という学校も多いかと思います。昨年4月に高大接続改革入試初年度生となる新入生を迎えて既に9か月が経過したことになりますが、新しい学力観に沿った学ばせ方の転換はどこまで進んできたでしょうか。
Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します!
racked: 2019-01-07 06:19:30
進路意識の高揚を目的とした講演会の企画Excerpt: 進路意識へ高揚を図ることを目的に、生徒が目標としている大学に進んだ卒業生や、その大学の入試広報担当者を招いて講演会を実施することがありますが、せっかくの企画も単発のイベントに終わってしまい、継続的な効果をもたらしていないケースも少なくありません。
Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します!
racked: 2019-01-31 07:17:13
アンケートで探る“学ぶ側の認識” #INDEXExcerpt: 学習評価は、個々の生徒の現状を正しく捉えゴールに導く方策を考えるにも、これまでの指導の成果を検証し、改善に向けた課題を形成するにも欠かせないものです。学習評価は多面的に行う必要があり、知識・技能、思考力・判断力・表現力を正確に測定するテスト新しい学力観に基づく評価方法(ルーブリックやポートフォリオ)学ぶ側の認識を探る、面談法や質問紙法によるアンケート調査などを上手に組みあわえて活用する必要があります。
Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します!
racked: 2019-02-07 07:07:31
選定理由の言語化を~探究活動の成果発表会Excerpt: 探究活動や課題研究には代表者による成果発表がつきものですが、代表者や発表作品を選定した理由はきちんと言語化してレジュメや作品に添えて表示したいものです。発表や作品に触れた生徒に「なぜ選定されたのか」を知らしめることは、探究活動の目指すべきあり方を示すことに外ならず、それ自体が生徒に対するとても重要な指導だと思います。
Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します!
racked: 2019-02-18 07:11:22
主体的、対話的な深い学びへ~授業評価アンケートExcerpt: 新課程への移行がいよいよ目前です。高校の新課程を初めて学ぶ生徒は現在、中学1年生。中高一貫校では「新課程で学び高校を卒業していく生徒」が既に在籍しているわけですから、新しい学力観にそった教え方の転換を図る中、学びの評価も新しいものに組み直す必要が出てきます。授業評価アンケートの質問設計の更新は今後の課題の一つです。
Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します!
racked: 2019-04-03 06:09:39
科目を学ぶことへの目的意識/学ぶ理由Excerpt: 主体的、対話的な深い学びを構成する要素のうち、「主体性」にはその科目を学ぶことへの自分の理由を持っているかどうかが含まれると思います。学習方策が獲得できなければ学びは依存的に、学ぶ理由がなければ受動的になり、いずれも主体的な学びとは言えない気がします。
Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します!
racked: 2019-04-08 07:10:32