授業評価の結果から(記事まとめ)

本年度も多くの学校から授業評価アンケートのご用命をいただきましたことに、この場を借り、改めて心より御礼を申し上げたく存じます。
1学期末が近くなり、アンケートの実施時期を迎えております。今期もまた一つひとつのデータに心して向き合い、授業改善に少しでもお役立ていただける分析結果をご報告できるよう、最善を尽くして参ります。
以下は、各地の学校で実施された授業評価アンケートのデータを解析する中での気づきや検証結果を記事にまとめたものです。この機に改めてデータの再検証を行い、一部の記事をアップデートしました。先生方のお手元にアンケートの集計結果が届き、データをご覧いただくときに、各記事が少しでもご参考となればこの上ない喜びです。

2015-07-28 公開のページを再アップデートしました。

【伝達スキル】

1. 説明がわかりにくいと言われたら
2. 対話で行う理解確認
3. 理解の確認を怠ると…
4. 課題解決の場を整えたら、挑ませる前に理解の確認

【授業デザイン】

1. 散布図中の位置で探る改善課題[活用機会×学習効果]
 ・学びの成果を妨げているボトルネックはどこに? New!
2. 課題解決を伴わない知識獲得は…
3. 理解確認と活用機会はバランスを取って
4. 振り返りを経てこそ次への課題形成
 cf. メタ認知、適応的学習力
5. アクティビティと学習効果

【主体的・対話的で深い学び】

1. 対話によって学びはどこまで深まったか
 ・対話などの学習活動が、学びの成果に直結しない? New!
2. 学習方策の獲得はどこまで進んでいるか
3. 目的意識をもって学びに取り組んでいるか
4. 主体的・対話的で深い学びをデータから考える
5. 授業改善には授業デザインを先行させる

【適正負荷、活動性、学習方策】

1. 生徒の特性に合わせた教え方・学ばせ方のアジャスト
2. 学習方策は課題解決を通して身につく
3. 負荷を抑えて「できた気」にさせてしまうことのリスク
4. 生徒が解法を考える機会(解に至る工程を自力で辿る)
5. 難易度からの得意・苦手の意識が受ける影響

【学びの接続、評価結果の相対化】

1. 次に進んだときの学習をイメージ
2. 新課程が求める「学ばせ方」~学年間の円滑な接続 New!
3. 授業評価アンケートの集計結果を相対的にみる New!



授業改善は、試行錯誤の連続です。改善課題を見つけたら、仮説を立て実地に試して反応を探ることの繰り返しの中で、手応えのあった方法はきちんと残してさらに磨きをかけ、うまくいかなかったものは棄却していくことで、より良い授業は着実に実現へと近づいていきます。
新課程への移行で「良い授業」の姿に従来と違った要素が加わります。
同じゴールを目指す中で個々の工程を見直す「改善」とは違う、ゴールの再設定を伴う「改革」にも取り組んでおられることと思います。
新たに採り入れた取り組みの効果を確かめつつ、新しい学力観に沿った授業に着実に近づくためには、生徒による授業評価アンケートの集計結果も効果的に利用していきたいものです。


■関連記事:

  1. 授業評価アンケートの結果の見方、活かし方
  2. 課題のシェアから始める組織的授業改善
  3. 授業評価アンケートの集計が終わったら
  4. 授業評価の事前指導と結果のフィードバック
  5. 指導案の優劣を論じるときも
  6. 優良実践の共有~授業評価の結果を活かして(全3編)
  7. ジャンル別記事インデックス「生徒による授業評価

教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

授業評価&生徒意識アンケート

この記事へのトラックバック

授業評価アンケート~正しい活用と質問設計Excerpt: 2016-05-12 更新 授業に限らず、評価は改善のために行うものです。目標までの差分を明らかにすることで、次に何をすべきかが特定できます。
Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します!
racked: 2016-05-12 06:14:06
生徒による授業評価Excerpt: 1 授業評価アンケート~正しい活用と質問設計1.0 授業評価アンケート~正しい活用と質問設計 1.1 講義・座学系の授業評価項目・質問文 1.2 実習・実技系の授業評価項目・質問文 1.3 授業以外について尋ねておくべき生徒の意識 1.4 授業評価アンケートの質問設計~まとめと追記 2 集計結果を解析してわかっきたこと2.0 授業評価の結果から(記事まとめ) 2.1 先生の言葉が聞き取れない!? 2.2 年度の後半で授業評価が下がる? 2.3 理解の確認を怠ると… 2...
Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します!
racked: 2017-01-19 07:24:30
授業評価アンケートを行うときの最小要件Excerpt: 何らかの形で生徒による授業評価アンケートを行っている学校が大半ですが、質問設計と集計方法が誤っていると、データを活用した授業改善にはつながりません。
Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します!
racked: 2017-03-16 07:38:55