生徒による授業評価

1 授業評価アンケート~正しい活用と質問設計

1.0 授業評価アンケート~正しい活用と質問設計
1.1 講義・座学系の授業評価項目・質問文
1.2 実習・実技系の授業評価項目・質問文
1.3 授業以外について尋ねておくべき生徒の意識
1.4 授業評価アンケートの質問設計~まとめと追記
1.5 授業評価アンケートを行うときの最小要件
1.6 LHRで授業評価を行うことのメリット
1.7 主体的、対話的な深い学びへ~質問設計の更新 
対話と協働による気づきと学びの深まり
科目の学び方や取り組み方の獲得
科目を学ぶことへの目的意識/学ぶ理由

対話によって学びはどこまで深まったか
学習方策の獲得はどこまで進んでいるか
目的意識をもって学びに取り組んでいるか

1.8 休校中の学びを把握~リモート指導の好適手法の確立へ

2 アンケートで探る“学ぶ側の認識”

2.0 アンケートで探る“学ぶ側の認識”(序)
2.1 学習評価は多様なツールを組み合わせて多面的・総合的に
2.2 授業評価アンケートにおける目的変数は学力向上感
2.3 アンケートの結果に照らしながら、指導の改善を図る

3 集計結果をどう読み、改善に活かすか

3.1 授業評価アンケートの結果の見方、活かし方 

#1 必達目標は【学習効果】での肯定率90%
#2 ボトルネックを探し、その解消に知見を獲得
#3 相対的な位置や経年的な変化を把握して

3.2 授業改善をより確実にするためのデータの見方
3.3 散布図中の位置で探る改善課題[活用機会×学習効果]
3.4 生徒の特性に合わせた教え方・学ばせ方のアジャスト
3.5 担当クラスごとの評価の違いから

4 授業評価アンケートの実施前後でやるべきこと

4.1 授業評価アンケートの集計が終わったら
4.2 授業評価の事前指導と結果のフィードバック
4.3 授業評価の結果に基づく「改善行動の効果検証」 

5 集計結果を解析してわかってきたこと

5.1 【伝達スキル】

5.2 【授業デザイン】

5.3 【主体的・対話的で深い学び】

5.4 【適正負荷、活動性、学習方策】

授業評価の結果から(記事まとめ)

5.5 【その他】

6 生徒による授業評価(その他の記事)

6.1 一人一台端末を使ってアンケートを行うときの注意点 New!
6.2 授業評価アンケートの分析に用いる様々な手法 New!
6.3 授業評価アンケートの導入に際して New!

教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

授業評価&生徒意識アンケート