予習・復習、課題のあり方

1 予習・復習で何をさせるか~目的とタスクのデザイン

1.0 予習・復習で何をさせるか(序)
1.1 予習の目的と課すべきタスクの考え方
1.2 復習の目的と課すべきタスクの考え方
1.3 予復習のデザインに加えて、履行率を高める工夫を

2 その宿題、本当に必要ですか?

2.0 その宿題、本当に必要ですか?(序)
2.1 その宿題、本当に必要ですか?(その1)
2.2 その宿題、本当に必要ですか?(その2)
2.3 その宿題、本当に必要ですか?(その3)


2.4 荷物を増やしても、学びが膨らむとは限らない
2.5 教科間で行う、課題量の把握と調整(全4編) Updated!
2.6 やりきらせる責任~仕上げ切らないことを習慣化させない
2.7 宿題をやってこない生徒への対応 Updated!

3 2020年対応型の”予・復習と授業のサイクル”

3.0 2020年対応型の”予・復習と授業のサイクル”(序)
3.1 次回の予習ができる状態を作って授業を終える
3.2 復習は間隔をおいた”重ね塗り”で(その1)
3.3 復習は間隔をおいた”重ね塗り”で(その2)
3.4 学ばせ方の転換で、家庭学習の充実が求められる
3.5 “アクティブ・ラーニング”で学習時間が減る?  
3.6 新しい学力観にそった授業と家庭学習の再設計

4 過去問演習/出題研究の成果を授業に活かす

4.1 入試問題を授業の教材に使うときに
4.2 過去問演習への取り組ませ方
4.3 解いたことで成長ができる問題こそが”良問”

ご参考記事:分業で行う出題研究のフィルタリング

5 原因から考える家庭学習時間の延伸策 

5.0 原因から考える家庭学習時間の延伸策 #INDEX
5.1 やろうと思ってもできない/やるべきことが不明確
5.2 机に向かう時間が取れない/やらなくても特に困らない
5.3 取り組みに喜びが見いだせない/指示したことの妥当性・効果

6 その他の記事[日々の予習・復習]

6.1 家庭学習の質と量~仮のアウトプットで時間の延伸
6.2 ひとつの課題から複線的なハードルを作る
6.3 間違え直しや再テストはどこまで成果をあげたか
6.4 学習時間の目標値と達成管理の方法
6.5 生徒は学び方をどこまで身につけているか 

7 その他の記事[長期休業期間、タームの区切り]

7.1 やりきらずに放置してきたことを仕上げさせる
7.2 自由研究/課題研究は狙い通りの成果を得たか?
7.3 夏休みの過ごさせ方を振り返って、来期の指導設計を
7.4 年末に行わせる「4月からの学びの振り返り」

8 休校中の学びをより大きくするために

8.1 リモート学習の可能性と十分な成果を得るための前提要件
8.2 休校期間中の自学自習をより確かなものにするために

教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

教室を離れてじっくり取り組む~予習・復習、課題のあり方Excerpt: 2020年対応型の"予・復習と授業のサイクル"で書いた通り、新しい学力観に沿って、学ばせ方や授業デザインの転換を図る中で、当然ながら、予習や復習、授業外課題の位置づけや取り組ませ方も変わってきます。
Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します!
racked: 2017-12-26 08:00:46
間違え直しや再テストはどこまで成果をあげたかExcerpt: 年度末を迎えて、そろそろ来年度の授業の進め方を具体的にイメージし始める時期でしょうか。使用教材などは既に決まっていると思いますので、ここから先の検討は「それらをどう使うか」に絞られますが、その中でもちょっと立ち止まって考えてみたいことは、小テストの不合格者や定期考査の成績不振者への事後指導をどう行うかです。
Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します!
racked: 2019-03-12 07:06:28