評価、効果測定・成果検証

1 効果測定を通じた教育資源の最適配分

1.1 効果測定とスクラップ&ビルド(教育資源の最適配分)
1.2 働き方改革~校務の見直しと再構造化(記事まとめ)
1.3 学校経営計画の進捗を確かめ、達成可能性を高める
1.4 選考基準は妥当だったのか~追跡調査に基づく検証

2 データを用いて理解者と賛同者を増やす

2.1 効果測定は、理解者と賛同者を増やすため 
2.2 指導目標の達成を確かなものに~数値を用いた効果測定 New!
2.3 新たな取り組みを始めるときの鉄則
2.4 指導案の優劣を論じるときも
2.5 大きな成果が出た時にこそ~実践の共有と継承
2.6 学校の教育力を伝える新たなモノサシ
 ・高校の普通科見直し議論に覚える違和感
 ・目標を持った状態で巣立たせる
 ・目標を見つける入り口~日々の学びでの興味・関心
2.7 教育手法開発・指導法改善に向けた計画作りは万全?
2.8 指導計画は所期の効果を得ているか~中間検証の準備
2.9 特色ある教育プログラムへの生徒の取り組み状況は?

3 指導方法の効果測定

3.0 指導方法の効果測定(序)
3.1 平均値の変化だけでは捉えきれない
3.2 定性的な指導目標における効果測定
3.3 ポートフォリオに残った記録を変数に
3.4 勘に頼らず、データに偏り過ぎず(観察結果とデータの照合)
3.5 考査の結果から自分の授業を振り返る

4 データをいかに利用するか

4.0 データをいかに利用するか(序)
4.1 作成・保存されているデータの”たな卸し”から
4.2 データの組み合わせで見えてくる改善課題
4.3 ポートフォリオに何を記録し、どう活用するか
4.4 校内に蓄積されてきたデータを生徒IDで関連付ける

5 組織的授業改善の土台: データを使った効果測定

5.0 組織的授業改善の土台: データを使った効果測定(序)
5.1 互いの実践を学び、校是たる授業像を作り上げる
5.2 共有すべきは付加価値の大きな指導
5.3 箱ひげ図をどう読むか、エクセルでの作り方
5.4 生徒にYESと答えてもらいたい質問
5.5 学びの方策、進路意識の形成過程における効果測定

6 新しい学力観に沿った評価方法

6.1 ポートフォリオ
 ・ポートフォリオの円滑な導入と効果的な活用に向けて
 ・ポートフォリオに何を記録し、どう活用するか
 ・校内に蓄積されてきたデータを生徒IDで関連付ける
 ・探究活動と進路指導でポートフォリオに残すログ 
6.2 ルーブリック
 ・ルーブリック評価の作成と運用
 ・ルーブリック評価の導入はなぜ必要なのか
 ・副作用を抑え、効能を最大化するルーブリック評価の運用 
 ・学びの方策、進路意識の形成過程における効果測定
6.3 自己評価・相互評価を通じて形成するメタ認知
 ・評価スキルの獲得とメタ認知の向上
 ・進歩を止めさせない自己評価の在り方
 ・自己評価、相互評価を行わせるときの工夫
 ・言語化を通じて育む「振り返りのための相対化スキル」
6.4 振り返りがもたらすもの
 ・学習者としての成長を促す”活動評価”と”振り返り”
 ・振り返りを経てこそ次への課題形成
 ・書くことと振り返りが学力を伸ばす
 ・勉強を好きにさせる学ばせ方
6.5 探究活動における評価
 ・探究のフェイズごとにきちんと評価&フィードバック
 ・探究型学習(課題研究等)の成果をどう測るか
 ・良いものを選んで重点的に~探究活動の成果発表
 ・成果発表会は、指導を振り返る機会

新しい学力観に基づく評価方法(記事まとめ)

7 多面的に、変化量に着目して行う学習評価

7.1 授業評価は多面的に
7.2 学習評価は多様なツールを組み合わせて多面的・総合的に
7.3 最初の答えと作り直した答えの差分=学びの成果
7.4 どこにスケールを当てて学びの成果を測るか
7.5 頑張りをきちんと評価する~学びの意欲向上のために
7.6 学びに向かう力/主体的な学習姿勢をどう評価するか 
7.7 指導目標と指導方法が変わったら定期考査の問題も 

8 評価法導入のハードルを下げる/効果を高める

8.1 評価規準は使いながらブラッシュアップ
8.2 新しい評価の実行可能性を高めるための工夫 
8.3 先生も生徒も、評価者としてのトレーニングを
8.4 生徒は評価者としてどこまで成長しているか 

■関連記事

  1. 考査問題における得点集計(集計の取り方と活用法)
  2. 授業評価アンケート~正しい活用と質問設計(優良実践を抽出、共有して組織的・継続的に授業改善を進める)
  3. 学校評価アンケートをどう活用するか(肯定的認知を増やして、ステークホルダーとの良好な関係を築く)
  4. 評価方法の再整備~高大接続答申から
  5. 高大接続改革に向けて今できる準備
  6. 思考力をはぐくみ評価する#INDEX
  7. 高大接続改革では”探究活動”と”行動評価”にも注目

教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一