目標の示し方、導入の工夫

1 学習目標の示し方

1.0 学習目標の示し方(序)
1.1 学習目標の示し方(その1)
1.2 学習目標の示し方(その2)
1.3 学習目標の示し方(その3)
1.4 学習目標が伝わらない?(その1)
1.5 学習目標が伝わらない?(その2)

2 解くべき課題を通した目標理解

2.1 学習目標は解くべき課題で示す
 ・単元ごとに設定するターゲット設問
 ・解くべき課題で「何のために学んでいるか」を伝える 
2.2 目標理解と活用機会を整える授業デザイン 
2.3 活動性と学びの成果を繋ぐ鍵~課題を通じた目標理解
2.4 目標提示と成果確認はセットにして
2.5 隠されているものは覗きたくなる

3 目標提示に関するその他の記事

3.1 教室でしかできない学びを充実~問いを軸に授業を設計 
3.2 解くべき課題は明らかなのに学習目標がわからない?
3.3 目標提示が苦手意識を抑制
3.4 授業評価項目⑤ 達成すべき目標やポイントをはっきり示す
3.5 授業評価項目[実技系]④ 目標の言語化&個別設定
3.6 実技実習の授業に「振り返り」がもたらす効果 
3.7 英語の授業での学習目標
3.8 目的意識をもって学びに取り組んでいるか

4 導入フェイズの目的と方法

4.1 導入フェイズの目的と方法
4.2 問題意識を刺激する(学びのウォーミングアップ)
4.3 生徒に問いを立てさせる 
4.4 論点(イシュー)を使った単元導入
4.5 導入フェイズで仮の答えを作らせることの効果
4.6 クイズで導入、教科書への落とし込みで仕上げ 
4.7 考えるための道具を揃えさせるときの手順
4.8 生徒が持つ知識/イメージを把握してから学びをスタート
4.9 チェックリストを用いた目標提示と達成検証

5 科目の導入、学びの方向付け

5.1 学ぶことへの自分の理由を持たせる~新単元等の導入指導 
5.2 生徒に伝える期待(=先生方の指導目標)を明確に
5.3 シラバスを熟読・活用させることの効果
5.4 授業開き/オリエンテーション Updated!
・シミュレーションを通じた学習法ガイダンス
・やらせてみて観察しながら、自ら修正させる
・目指すべき到達状態に照らした生徒観察
・スタートに立った生徒に伝えたいこと
5.5 取り組み方そのものを身につけさせる

■ 関連記事:

終了時の工夫で成果を高める(記事まとめ)

教育実践研究オフィスF 代表 鍋島史一

この記事へのトラックバック

学習目標の示し方 #INDEXExcerpt: 学習活動において、生徒が学習目標を正しく認識していることは、生徒の側での情報補完を容易にすることで生徒の理解力を助け、授業のわかりやすさを大きく引き上げます。
Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します!
racked: 2017-06-23 05:04:52
"目標の示し方、導入の工夫"を更新中 11/8現在Excerpt: ジャンル別記事インデックス"目標の示し方、導入の工夫にラインアップしてある記事の一部をアップデートしています。
Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します!
racked: 2017-11-08 05:38:57
授業改善に向けた課題形成のための点検手順Excerpt: 授業評価アンケートから改善課題を特定するには正しい質問設計が必要ですが、これに加えて集計結果をどう読むかも大切です。
Weblog: 現場で頑張る先生方を応援します!
racked: 2017-12-19 07:25:51